「珊瑚の櫂」へようこそ!

ゆらり、ゆうらり今宵はどちらへまいりましょうか?
行き先は珊瑚の櫂におまかせくださいませ。
そらの珊瑚の小説・短歌・詩を随時掲載予定です

☆初めての詩集を上梓しました。
 【うず】―流体の軌跡―
土曜美術社出版販売・現代詩の新鋭シリーズ30
d0253237_11255221.jpg

             (2013.10.25発行)
             アマゾン、全国書店にて発売中でございます!

☆カテゴリーの作品名をクリックすると
作品をお読みいただけます。

☆PFのイラストは幻想素材サイトFirst Moon様よりお借りしました。
 http://www.first-moon.com/

☆現代詩フォーラムに詩を投稿していますhttp://po-m.com/forum/myframe.php?hid=9114
d0253237_1833550.gif



☆うちの子は(犬)動物愛護センターからもらってきました。
 とってもいい子です。
 一匹でも多くの子がひきとられ、殺処分をまぬがれますように。
 犬や猫を飼ってみようと思われる方、是非覗いてみてくださいね。
src="http://www.satoya-boshu.net/image/istudemo5.gif"
alt="いつでも里親募集中" border="0">





[当サイトに掲載される小説、短歌、詩、戯曲等の作品の著作権はそらの珊瑚に帰属し、転載・転用を禁止します。]
[PR]
Commented by 朝倉 瑠璃 at 2011-08-23 17:34 x
忙しかった八月も、今週、ようやく落ち着きを取り戻しました。

みなさま、新しい環境にもう慣れておいでになるころでしょう。

珊瑚の櫂、いかにも珊瑚さまらしい、素敵な夢見心地のお部屋ですね。わたしはツィッタ―はしていないので、こちらに足跡を残します。新作、またお願いいたします。

「蝶愛づる姫君」、SHOTSTORYにさらしました。官能シーンがあるのでちょっと恥ずかしいのですけど。
Commented by soranosanngo at 2011-08-28 09:55
瑠璃さま。コメントいただいてたのに、ごめんなさい、今日気づきました。お立ち寄りいただきまして、嬉しいです。
お仕事ひと段落されたようで、良かったですね。「蝶愛づる姫君」あちらにも感想を書きましたが、あれは瑠璃さんにしか書けない素敵な物語だと思います。官能表現の美しさには、ホレボレいたしました。

私の方は新作のネタはいろいろあるのですが、書き始めるタイミングをつかめずにいます。
とりあえず、「群青」の9月の宿題の「おはよう」から始まる物語から書いてみようと思ってます。
また時間のある時に瑠璃さんのお部屋にも伺いますね♪

ありがとうございました。では、また。
Commented by 朝倉 瑠璃 at 2011-08-28 14:49 x
珊瑚さん

あちらのサイト、さっそくおじゃましました。そうか、やっぱり珊瑚さんの新作なかったんですね。恋歌さんのお嬢様の話読ませていただきました。文体が軽快ですね。
それでは「おはよう」を楽しみにしています。感想はこちらに書かせていただきますね。
くららの森、公募に出すの断念しました。どうも賞傾向が私小説風のものみたいだとわかったので。ブログにだけアップしました。

ペーパームーン、珊瑚さんの絵ですか!? 色使い、デザインともに素敵です。

Commented by soranosanngo at 2011-08-29 20:59
瑠璃さん

またおしゃべりできて、嬉しいです。恋歌さんの新作読まれたのですね。伝えておきます。「くららの森」読ませていただき、神殿の方へコメント置いてきましたが、男性目線なのにすごくしっくりきました。とっても良かったです。私個人としては是非なんらかの公募に出してほしいと思いました。
ペーパームーンは無料サイトからもらったものなのです。たぶんパソコンで描かれたようなタッチですよね。あんな風に描けたら楽しいでしょうけど。以前は水彩画を描いたりもしてましたが、パソコンでお絵かきは難しくて断念しました。
ありがとうございました。では、また!いつでも遊びにいらしてくださいませ。
Commented by Poka at 2012-07-18 10:55 x
向こうにコメできないので、ここに書きますね。
「傘」の新作 読みました。
家族って ややこしいけど 家族のつながり あったかいものを感じました。あのお父さん、子供からすると  腹が立つことも多いけど、自分がお父さんの年になると、父のありがたさが分かってくると思います。認知症、切実だわ。
古い傘は親子の絆のアイコンかな、そんなことを感じました。
Commented by soranosanngo at 2012-07-18 14:13
Pokaさん、読んでくださり、コメントまでありがとうございました。

もしかして、あんな昭和の家族は、平成には失われた遺物かもしれませんね。
でも時代が変わっても、きっと人の心は、そう変わらない。
迷惑をかけあってこその家族でありたいと思います。

親はいつだって子どもの心配が絶えません。
その象徴として、折りたたみ傘をテーマにしてみました。
読み取っていただき、ありがとうございます!
Commented by ポカ at 2012-12-01 22:53 x
こんばんわ。

いま、you tubeのもみじの詩を見てきました。あっちにコメントどうするかわからなかったので、ここへ遊びに来ました。
すごく曲とあっていて  画像もいいし、詩の雰囲気とぴったし。やはり詩はアートだ と痛感。

またどんどん素敵な作品 作って見せてね。楽しみにしてます。
Commented by soranosanngo at 2013-01-26 22:22
ポカさん、you tube観ていただいて、ありがとうございました。
映像、音楽があると、詩の世界がよりミリョクテキになるなあと
てまえみそながら、思っております。
いつも励みになるお言葉に感謝してます♪
by soranosanngo | 2011-07-30 15:14 | Comments(8)