寒がりな猫、暑がりな犬。

部屋の中は、もうすでに冬だ。
(私は猫なのである)
ヒートテックはいうまでもなく、靴下の二重履きも加える。
高校生の娘が去年まで制服の下に着ていた、
ラムウールのカーディガンがちょうどよい暖かさだ。
高校はブレザーの下に着るセーターも
学校指定でなくてはならないので
私が着なくなれば、きっともう着ることもないものだ。

そういえば実家の母は、私が着なくなった中学校のジャージを
パジャマ代わりに着ていたことがあったっけ。

学生でいる時間は短い。
ジャージもセーターも、くたびれるにはそれはとても短くて、
あっという間にこどもたちは、卒業してしまう。

外へ出てみれば、秋のひだまりは暖かく、一枚脱いでもよいくらいだ。
まさに小春日和。
小春日和が秋を表す言葉だと知ったのは中学生のころだったろうか。
秋が見せる春は、暖かいけれど、それが冬へ向かっていることを想えば
小春という形容がぴったりくる。

家の中と外、どちらがほんとうの温度だろう。
きっとどちらも今、必要な温度なのだろう。
うちの犬の夏毛の下で、おそらく冬毛が準備を始めている。

d0253237_1147315.jpg

[PR]
by soranosanngo | 2015-10-16 11:49 | 珊瑚の気まま日記 | Comments(0)