冬生まれ

曇り空が時折晴れて
明るい陽射しもあったのに
洗濯物をとりこもうと
手にとれば
ひんやりとしている

ああ また冬が来るんだなあと思う

乾いているかどうか
自分のほほへ当ててみる
私の手は
時にたよりないこともあるから

冬という季節を選んで生まれてきた子のために
布おしめの洗濯に明け暮れていたことがあった
あの頃はどんなにか春が待ち遠しかったことか

ああ また誕生日が来るんだなあと思う
私を母にしてくれた日が来るんだなあと
しみじみと冬を思う
[PR]
by soranosanngo | 2015-11-26 15:22 | | Comments(0)