詩「常春」

たとえばどんな辺境にいようとも
つながってしまうダイヤルがある

現実は
いつだってそこからは遥か遠い地だ

マニキュアを塗る
刷毛の先から
凍えた粒子のせいで
すばやく固まってしまう、
そんな部屋に
ひからびてしまって
それでも
かろうじて生きている
へその緒を手にすれば
緒の先が伸びていく
その先で
黒電話の受話器から
若いままの母の声が
少しくぐもって聴こえてくる
きゅうくつなことが
安心だった
まだわたしが卵だったころ

水はいつだってちょうどよくぬるんでいて
そこは
自分自身との境界さえない春でした

[PR]
by soranosanngo | 2017-04-19 09:11 | Comments(0)