<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

③summer memories

秋の扇風機AとBの会話

扇風機A:やっぱり倉庫は狭いけど落ち着くわぁ。

扇風機B:久しぶりね、こちらへ帰ってくるのは。

扇風機A:夏のバカンスは楽しかった?

扇風機B:ええ、もう最高。ピカピカのスイートルームだったわ。
     お嬢さんは綺麗好きだから。

扇風機A:いいわねぇ。私なんて、熱帯のジャングルよ。

扇風機B:あそこは2階の西向きの部屋だからね。

扇風機A:息子のゲームやらのコードが入り組んでいて。まさに秘境よ。

扇風機B:よくぞ、ご無事で。

扇風機A:おまけに、いつも臭い足で私のスイッチを押すのよ。それもパンツ     いっちょで。

扇風機B:きゃ~はしたないわね。

扇風機A:私の前に座ると「あ”あ”あ”あ”~~~」ってバカのひとつおぼえみたいに
     でっかい声を出すし。

扇風機B:あはは、BGMにはならないわね。

扇風機A:私のこと、SPって呼ぶし。

扇風機B:映画の見過ぎなんじゃない。

扇風機A:それでかしら、白髪が増えちゃって。

扇風機B:やだ、それ、もしかしてほこりじゃないの?

扇風機A:ええっ! いやだ、ほんとだわ。
     も~奥さんたら、ちゃんと拭いてくれなかったのね。

扇風機B:お気の毒に。あの人結構雑だから。

扇風機A:自分の顔は念入りに手入れするくせに。

扇風機B:ふふふ、化粧してもそんなに変わらないのにね。

扇風機A:まあ、いいわ。来年の夏までここでゆっくりしましょう。

扇風機B:そうよ、もうすぐストーブさんが旅に出るから、
     羽根が伸ばせるわよ♪


 
[PR]
by soranosanngo | 2011-11-17 09:34 | mono×mono劇場(戯曲) | Comments(2)

②As Time Goes By

≪古時計(おじいさん)とデジタル時計(孫)の会話≫
d0253237_11353755.gif

このイラストはイラストレーターT-KONI 様よりいただきました。http://illustration.artkoni.net/

じいじ:お~い、誰かネジを巻いてくれんかのう。
    大分時間が遅れてしもうた。

 孫 :年寄りってめんどくさっ!

じいじ:語尾を略すんじゃない、めんどくさい、じゃろ。

 孫 :ハイ、ハイ。

じいじ:ハイは一回!

 孫 :ハ~イ。

じいじ:それから、ワシの前では、「きもっ」も「うざっ」も御法度じゃ。

 孫 :りょうか~い!

じいじ:大体めんどくさい事こそ人生、いや時生において大切な事だぞ。

 孫 :そうかなあ……僕は簡単なのがいいけど。

じいじ:毎日一回ネジを巻くことで、
    ワシらは生きている実感を感じるんじゃ。

 孫 :僕は電池だからネジないし。

じいじ:ワシの振り子を見てみろ。

 孫 :……目が疲れるね。

じいじ:ネジを巻くからこそ、働けるんじゃ。

 孫 :めんどくさっ! じゃなくて、めんどくさいね、
    余計なもの、ついてて。


じいじ:針なんぞ生まれてこの方何周回ったかわからんぞ。
    毎日新記録を更新だ。そのうちシニアオリンピックに出てやる。
 
 孫 :僕はデジタルだし。

じいじ:減らず口をたたくんじゃない。

 孫 :友達の目覚まし君なんてもっとおしゃべりだよ。

じいじ:ああ、知っておる。あの子は滅法、けたたましいわい。

 孫 :でもね、人間に毎朝頭を叩かれてかわいそうなんだ。

じいじ:けしからん! 暴力反対!

 孫 :でも仕方ないんじゃない? 
    人間って自分で起きられないのに、わがままだから。

じいじ:ぼーん、ぼーん。

 孫 :そうやって親切に時刻を教えてあげてるのに、
    夜中の2時にじいじの鳴らした音に人間ったらびっくりしてたよ。

じいじ:そうか、別に驚かすつもりじゃないんだが。

 孫 :チョ~ブッキィ~とか言ってたよ。

じいじ:なんじゃ、それは。

 孫 :超不気味って意味だよ。

じいじ:略すんじゃない!

 孫 :ちぇっ僕が言ったんじゃないのに。

じいじ:ふぁーあ。なんだか眠くなってきたぞ。おおい、誰か、ネジを……。

 孫 :じいじ、しっかりして、眠っちゃダメだよ。

じいじ:ここは雪山か。

 孫 :そういえば、明日は粗大ごみの日って言ってたっけ。

じいじ:そ、それは大変じゃ、おーい、誰か~!誰か、ネジを……。
[PR]
by soranosanngo | 2011-11-17 09:30 | mono×mono劇場(戯曲) | Comments(0)

①お熱いのがお好き

ポットと紅茶の茶葉(ダージリン)の会話
d0253237_9241127.png



ポット  「やあ、逢いたかったよ、ダージリン」

ダージリン「昔みたいに、ダーリンって呼んで」

ポット  「ダーリン、どうして来てくれなかったのさ。僕のこと忘れちゃったのかと思ったよ」

ダージリン「忘れちゃいないわ。私だってここに来たかったのよ。でもね、わかるでしょ。ご主人さ      まが忙しくて、最近ティーバッグばかりかわいがるようになって……しくしく」

ポット  「ティーバッグ、忌々しい娘だね。それに下品だ。直接カップに入って仕事するなんて       さ。おかげで僕らは商売あがったりだ」

ダージリン「世の中は便利なものがもてはやされてる、スピード時代なのよ、仕方ないポット  「なんだよ、あんなやつのかたをもつのか」

ダージリン「怒らないでよ」

ポット  「ごめん、ちょっと熱くなりすぎたかな」

ダージリン「ううん、いいのよ、私ぐらぐらの熱~いのが好きなんだから」

ポット  「沸騰したお湯でないと美味しい紅茶にならないんだっけ?」

ダージリン「That right! 3人分だから、4杯、私を入れるわ」

ポット  「3杯じゃないのかい?」

ダージリン「いいえ、最後の4杯目は、あ、な、た、の、た、め、に」

※紅茶を美味しく淹れる茶葉量は「one for me,one for pot」などと申します。
 つまり、ティースプーンで数えて人数プラスワンということですが、
日本の軟水では人数分でも美味しく出来るようです
[PR]
by soranosanngo | 2011-11-17 09:24 | mono×mono劇場(戯曲) | Comments(0)

嘘つきアルベール

d0253237_16483181.jpg

舗石の下には砂
自由の下には旗
投げつけられた火炎瓶
怒号
硝煙
五月革命のパリ

嘘つきアルベール
誰しもあなたのことをそう呼んだ
真実ばかりじゃ息がつまっちまう
たまには嘘が必要さ

ジャンヌ
君を愛してる
これだけはたぶん本当だよ

サンルイ島の夕焼けはルビィ色
あれだけ血を流しても
明日には空はよみがえる
嘘つきアルベール
必ず帰ると言ったのに

あなたは星になったのね
一番星を探すため
今日も私は上を向く

ブローニュの柘榴はルビィ色
小鳥がついばみ
今日の糧となり、喜びになる
嘘つきアルベール
一緒になろうと言ったのに

枯れ枝のようになった私の指に止まり
小鳥よ、うたっておくれ
人生は、嘘に満ち溢れているとしても
人生は、すばらしいものだと


画像は表紙はGATAG Free Photo 1.0様より
Tiago Ribeiro様の作品をお借りしました。
http://www.gatag.net/

[PR]
by soranosanngo | 2011-11-06 16:48 | | Comments(0)

空に綿菓子

d0253237_12171038.gif

四十路でも占いページ気になって「素直になって」か、つぶやいてみる

 ※NHKラジオ番組「夜はぷちぷちケータイ短歌」で
  10月9日のお題「雑誌」で選ばれた一句です。
  ↑番組ホームページに載ってます♪

べたべたと甘い砂糖で埋められて幸せにもがいてる君は、蟻

本当は寄りかかりたい背もたれに甘やかされて戻れなくなるほど

こんぺいとう優しいコトバにころがされツノいつのまにとれてまあるく

約束が時のふるいにかけられて
        砂粒(さりゅう)になりて掌からこぼれぬ

ポケットのすきまをちょっと空けておく幸せひとつ分くらいのね

秋空にふわり綿菓子浮かんでる昔も今も私、甘党
[PR]
by soranosanngo | 2011-11-05 12:17 | 現代短歌 | Comments(0)