<   2013年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

草子樺

人は
はぎとった他者に
記し
記してきた

鳥は記さない
慈しみあう
つがいの声は
白い森に響き
溶けて消えていくだけ

草子樺(そうしかんば)は
カバノキ科 シラカバ属 落葉高木
樹皮をはぎとられて
紙となる
そうして
わたしは
記していく
あの鳥の声には
遠く及ばないけれど
それが
今、
つなぎ止めることの出来ない
今、
を生きている
証のような言葉であればと
刻みつける
d0253237_12222181.jpg

[PR]
by soranosanngo | 2013-06-12 10:16 | | Comments(2)