<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

はねむうん


 中腹まで登ってきただろうか。さすがに女の脚にはこたえる急斜面であり、竜馬、おりょう、そして道案内の男、三人はしばし路の岩に腰をかけ、休憩をとっていた。
 
 それにしても今が盛りと小さな花々が無数に咲き誇る様は圧巻であった。薄桃色の海のようだと、肩で息をしながら、おりょうはおもわず見とれた。道案内の男が『きりしまつつじ』だと誇らしげに告げる。
「この景色はまことでありましょうか?」
 傍らで熱心に、ここ高千穂の峰の様子を書き記している竜馬に言った。
  
 竜馬と出会ってからというもの、思えばうねる嵐の海を小さな櫂を頼りに漕いできた日々であった。
 
 ふた月前、寺田屋で何者かに襲われ、夫竜馬は負傷した。それから静養も兼ねて二人は薩摩に渡る。塩浸(しおびたし)の湯で長逗留したかいもあり、だいぶん傷も癒えてきたのだった。
 高千穂の峰は、そんなおりょうの胸のうちを知ってか知らずか、今日は穏やかだった。時折そよそよと微風が頬を撫でていくだけである。
 
 竜馬は、左腕に深い刀傷を負って、意識が朦朧をするなかで
「心配いらんぜ」
 と言った。
 おりょうは気性の強い女である。女だてらにやくざものに啖呵を切ったこともある。妹が借金のかたに女郎に売られそうになった時だ。
 ともかく窮地に追い込まれると、負けるものかという気持ちがむくむくと沸き起こる。それが竜馬にとっては魅力的であったが、竜馬仲間の亀山社中の男たちの中には心良く思われていないのも、おりょうは承知していた。
 その度『うちの味方は竜馬さんだけでいいんどす』とつぶやいてきた。

「何ぞ言ったか? おりょう」
「ええ。この景色はまことでありましょうか、と」
「まことであろう。おまんは変なことを言うやつじゃのう」
「まことにまことでありましょうか」
「わしが保証するき。心配いらんぜよ」
「なんだかこの峰の様子があまりに美し過ぎて、疑り深くなってしまいました。堪忍え」
「わしにはおまんの方が美し過ぎるわ」
 
 道案内の男は、ふたりの会話は聞こえぬふりを装い、竹筒の水をごくりと飲んでいる。
 竜馬は足元に手をやり、きりしまつづじの花をひと枝手折って、おりょうの黒々とした丸髷に挿した。おりょうは頬をほんのり蒸気させ、そっと後れ毛を手で直した。

「いにしえに、ににぎのみことっちゅう神さんがこの高千穂の地を開いたそうだが、今まで何度となく噴火を繰り返したっちゅうことじゃ。今はまことの景色でも、明日はわからん。わしが保証するのは今、この時だけっちゅうことじゃ」
 竜馬のその言葉に、なぜだかおりょうは胸にうちがざわめき、自然両の手をしっかりと合わせて祈り始めた。
「何をしゆうがか?」
「竜馬さんの明日をお祈りしてるんどす」
 ◇
 同年、慶応三年十二月十日京都近江屋で竜馬は暗殺され、短いふたりの結婚生活は終わった。
 
 後年発見された新しい惑星が、それぞれ『りょうま』『おりょう』と名付けられたということである。
 今頃空の上で、あれが日本初の新婚旅行になったらしいと二人で笑っているだろう。
 竜馬のことだから『西洋じゃ、はねむうん、いうらしいのう』とでも言って照れているかもしれない。
 
d0253237_1523578.jpg

[PR]
by soranosanngo | 2013-10-24 15:03 | 時空モノガタリ(掌編小説) | Comments(0)

 とある雑居ビルの二階の南西角部屋がワタクシ『猫探偵』の住居を兼ねた事務所である。午前八時きっかりにドアが開く。事務員の時子さんの出社だ。何事にも正確であることをモットーにしている。

「おはようございます、先生」
 今日もただの一本の後れ毛もなく髪を頭頂部でシニヨンでまとめ(はやくいえばひっつめ髪ですな)そのためいくぶん目尻のシワは伸ばされ若干つり目になっている。見た目はとても五十歳には見えないだろう。朝のおじぎは三〇度。さっそくいつも通り掃除を始めた。
 
 もともとは彼女は客で、ご主人が行方不明になり捜してほしいという依頼主だった。
 ある日ちょっと出かけてくると言ったまま一週間も帰ってこないという。結局その案件は、残念ながらコールドケース(未解決)に終わった。夫には借金もなく、愛人もなく、いたって健康で病気を苦にして自殺なんていうことも考えられない。
 
 街のあちこちに偵察させていた野良猫調査員(そのほとんどがワタクシの子供及び孫であるのだが)たちによると、夫は東京駅から成田エクスプレスに乗り、そのあと成田空港で日本航空のボーイング737に乗ったという。
 行き先はインドでした、と告げると、彼女は「あっ」と言って目を見開いた。まるで大事な約束を長いこと忘れていて、取り返しのつかない段になってようやく思い出したかのように。

 ──時間にすれば一分程度であろうか。宙をみつめて彼女は無言だった。ちょうど換毛期であったため、抜け落ちたワタクシの白い幾本かの冬毛が浮遊し、夕日に光っていたのをまるで昨日のように覚えている。

 夫婦がまだ若かりし頃夫が言っていたそうだ。いつかインドに行くのが夢だと。もともと大学の哲学科で学んだ彼は、人の幸せとは? とか人はどこへ行くのだろうか? といった類の小難しいことが大好きであったという。
 
インドが俺を呼んでいるんだ、いつか一緒に行かないか、とも。しかし時子さんは「私、カレー嫌いなのよね」と答えたそうだ。それきり夫はその話は一切しなくなり、夫は銀行員として定年まで勤め上げ、自宅のローンも完済したらしい。一人息子は社会人となって独立し、今がその時だと思いたったのではないか、と時子さんは言った。

「お見事な推察ですね。あなたには探偵の素質がおありになるようだ」
 ワタクシが褒めると時子さんはまんざらでもないように微笑んだ。
「でしたら是非ここで雇って下さいませんか? 夫が帰ってくるまでぼーっと家で待っているのもなんだかねえ」
 
 そういった経緯でここで働くようになったのだ。時子さんが来てからというもの仕事が増えた。主婦仲間にこの事務所の宣伝をしてくれたらしい。たいていが簡単な探しものだった。最近した仕事といえば、何年も行方知れずだった主婦の結婚指輪を糠床から見つけ出したというもの。指輪はすっかり糠みそ臭くなっていたが、取り返しのつかないほどの臭いではなかった。
 
 時子さんの推察は当たった。しばらくすると夫からエアメールの絵葉書が届くようになったらしい。消印はインド。
「それにしても、なんで黙っていってしまったのかしら。ちゃんと言ってくれてったら、こんなに心配しなくても済んだのに」
 
 人はなかば衝動的に何もかも捨ててしまいたい時があると聞く。新しい自分探し、という大義名分をつけて。それを旅と呼んで特別視する。つくづく人は厄介な生き物だ。
 およそそんなところではないかとワタクシはふんでいるのだが。

「そうだ、時子さん、明日から一週間ほど事務所を閉めます」
「はい、わかりました。例のアレ、ですわね」
 時子さんはソファーをコロコロで転がしながら、さも大変ですわねといわんばかりの同情にも似た表情を浮かべた。そう、猫には一年に何度か発情期があるのだ。大分人間に近くなったとはいえ、ワタクシも猫のはしくれであることを思い出す。

「えーと、それでは戸締り、よろしく頼みます」
 そわそわ、もぞもぞ、いやウキウキしながらワタクシは事務所を出た。
「行ってらっしゃいませ」
 
 時子さんに深々と四十五度のお辞儀をして見送られた。なんだか照れくさい。人の(いや、猫か)恋愛なんてそんな大層なモンじゃないのに。
 
 その時はっと気づく。時子さんの夫はこうやってご丁寧に見送られるのが嫌だったのではないか。時子さんのことだ。朝、夫が仕事に出るたびにこんな風にお辞儀して何十年も送りだしたに違いない。とすれば、インドへ行くと言えば、同じように深々とお辞儀して(もしかして目に涙など浮かべて)送りだすに違いない。
 旅に出る時、それも何もかも放って行く時は軽く手をふってもらうくらいがちょうどいいというものだ。男とはなんと厄介な生き物であることよ。

 ──ミャーオゥゥ
 ワタクシを呼ぶ雌猫の悩ましい声が聞こえる。期間限定とはいえ、旅というものは心踊るものである。
d0253237_17223423.jpg

[PR]
by soranosanngo | 2013-10-13 17:19 | 時空モノガタリ(掌編小説) | Comments(0)

ぶかぶか

母の手作りする洋服は
大体において
あらかじめ寸法が大きかった
そこには未来が足されていたから
子どもはすぐ大きくなっちゃうからって
それは言い訳というより
有無を言わせない印籠のように掲げられた
スカートの裾はたっぷりと折り曲げられていて
それは翌年にはするするとほどかれたが
しばらくは折り目が消えず
不細工だったであろう
けれども現実とはそういうもので成り立っている、
として妙に納得していた
わきも
くびのあきも
丈という丈が
ぶかぶか言って
借り物であることに
持ち主の代わりに文句言ってるようだった
もう今は
なにもかもが
ぴったりで
あのぶかぶかは戻ってこない

長靴の隙間から
雨水が入ってくる
足と長靴の内側に出来る
ほんの少しの空気に入りこんだ泥水が
歩くたびに
ぶかぶか鳴った
気持ち悪さが
愉しさを上回り
懲りないわたしの長靴は
水たまりを素通りできずに
景気よくそこへ跳び込んだ
そのあとは 
ひたすらになまぬるく一歩ごとに重くなるのに
なんの得にもならない
歩くだけで変な音の出る楽器を
家路をたどる友にしていた遠い日

ぶかぶか
余白が奏でるミョウチキリンな音を
愛していた

d0253237_14213984.png
母の手作りする洋服は
[PR]
by soranosanngo | 2013-10-02 14:22 | | Comments(0)