<   2016年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

詩「転写する夜」

いちにちのおわりに
ひとつ
まるで生きた証のような
拇印を押す
夜の儀式

それは
ひごとうすくなる
スタンプのインクは補充されないから

命の在り処のように
月光にかざせば
浮き上がるうずまく模様
私は誰と契約したのだろうか

過去からの手紙のように
永遠に変わらないから
ただ、なつかしい
[PR]
by soranosanngo | 2016-05-31 08:34 | | Comments(0)

腕が棒になる
それとも棒を腕としていたのか
いずれにしても
棒であるから
(気づいてしまったから)
もう水をかくことが出来ない

かくことを
あきらめてしまえば
あっけなく浮く
人はそういうふうに
出来ていると
教えてくれたのは
誰だったか
おそらくは
優しい人ではなかったか
優しい人の輪郭は
光にふちどられていて
たどってゆく記憶の淵から消えかかっている

いずれにしても
空があまりにまぶしいので
眼をあけていられない
深い深い海を背にして
あきらめた先にも
あきらめがある
そうして
波に進路をゆだね
明日
知らない島に打ち上げられる
人形になろう、とおもいます
[PR]
by soranosanngo | 2016-05-27 14:13 | | Comments(0)

詩「ミニアチュール」

短く切った髪の毛の先端が
新しい雨の匂いを吸って
くしゃみした

雨という
言葉を
わたしがまだ知らなかったころ
雨は
ときおりやってくる子で
だから今でも
傘はささない

虹は
美しいさようなら
[PR]
by soranosanngo | 2016-05-25 08:14 | | Comments(0)

詩「甘夏の季節に」

甘夏を手にとると
私はどこかにたちかえってゆく

かごいっぱいに
甘夏を収穫した父の
労働という名前の匂いは
熱を帯びたひなたの石のようだった
今、冬をむかえた石は
すっかり冷えてしまったけれど
甘夏を剥くたびに
私は
食べきれないほどの
酸っぱさの中にほのかな甘みのある
光の果実を前にして
よろこぶ少女にたちかえってゆく
実際に
今でもそれは
食べつくせないほど
実り続けている
この初夏の空のむこうに
[PR]
by soranosanngo | 2016-05-22 08:03 | | Comments(0)

詩「星ノ船」

きのうの夜
わたしが乗りそこねてしまった
船は
いまごろ
どのあたりを航海しているのだろうか

闇をこいで渡ってゆく
静かな動力を取り付けた乗り物に
選ばれなかった
理由をさがしてみる

けれど
たいていの理由は
糸をたぐりよせる先で
たよりなく消えてしまう
あるいはそれは
ひとつぶの砂のように
風がふけば
この指から吹き飛び
ゆくえは追えない

そもそも選ばれなかったのでなくて
わたしが選ばなかっただけのことかもしれなくて

そうして
あちらこちらでゆれている
葉の上の朝露が
星々のなれのはてだと
やっと気づく
[PR]
by soranosanngo | 2016-05-19 08:19 | | Comments(0)

詩「木香薔薇」

風と雨が去ったあと
緑は急に色を濃くする

やはり木香薔薇はほぼ散っていて
跡形は
それが昨日まで
可憐な白い花であったことが
嘘のように
煉瓦をしきつめた小路に同化し
色あせている

嘘、であったのかもしれない

夢から醒めたはずなのに
そこはまだ夢の途中であるかのように
五月の光は急にまぶしさを増す
[PR]
by soranosanngo | 2016-05-17 13:24 | | Comments(0)

詩「一番電車を待つ間」

私が詩を書こうと思ったとき
鉛筆と紙はすでに失われていた
私の詩は
書かれたものではなく
キーボードから産まれたものだ

しんと静まり返った
とある夜
白いキーボードの配列が動き出す
慣れ親しんだ手順を
私は捨てなくてはならないだろう

それでも
詩は
からだの一番奥底にあって
ひそかに湧いてくる

こうして
一番電車を待つホームにいて
まだうすぐらい手探りの
そう、闇ともよべる時間の中で
やがて
線路の向こうから
光降る朝が来ることを信じているように
私はてのひらで
すくい、つづける
水のような詩を
詩のような水を

喪失と再生は
背中合わせに在るものでなく
球体のようにまじりながら
文字にするための
透明のエンターキイをさがしあっている
[PR]
by soranosanngo | 2016-05-06 08:13 | | Comments(0)

詩「解凍」

五月の光に
解凍されてゆくのは
身体だろうか
心だろうか
その両方なのだろうか
いずれにしても
凍ったままではいられないらしい
廃墟のまま朽ちてゆくことは叶わないらしい
静かなる臨界
ゆっくりと水を目指し
あらわになってゆく
よこしまな骨たち

生命に課せられた
それを呪いと呼ぶにしては
まぶしすぎる
[PR]
by soranosanngo | 2016-05-01 12:24 | | Comments(0)