Sadeを聴きながら

d0253237_19383766.jpg


Sadeを聴きながらアクすくい取り日曜の午後ゆるりたゆたふ


あの山に登れる気がし踏み出せば 気付く険しさに後悔してる


死についてふと考えてみたりする 眠りに落ちて目覚めぬことか


キリキリとネジを巻き過ぎ奏でたるオルゴールの音の哀しおかしさ


にぎやかな化粧落とした楽屋裏喜劇演じたピエロが終わる


わだかまり浮ぶ背中をゲンコツで怒突きたくなるそんな性分


問いかけに自由もいいとはぐれ雲孤独と言わぬ君は強いね


突然の非情を帯びて静電気今君の手に拒否られたんだ


さよならは美しく且つ軽やかに夕日投げかけその一瞬に
[PR]
# by soranosanngo | 2011-08-01 20:23 | 現代短歌 | Comments(0)