布讃歌

d0253237_2218253.jpg


前世はおむつでした
その前は
朝顔を咲かせた藍染の浴衣でした

かすかに覚えているのです
あなたと
一緒に
縁側で線香花火をしましたね
華々しく燃えたあと
ぽたりと火種は落ちて
この世に
これほど美しい命があったのかと
心がふるえたのを
覚えています
あなたのそのふくよかな乳房を
包んだとき
そこに ほのかな愛が生まれたことを
私も密かに知っていました

そのうち
あなたは母となりました
私は糸をほどかれて
おむつになりました
傷つきやすい
水蜜桃のような赤ちゃんのおしりを
包むたび
優しい気持ちになったものです

排泄物を人は汚いと言いますが
そうではありません
そこにあるのは
命を証明するものなのです
だから私はそれらを
受け止めて
ありがとう と言いました

おむつの役割を終えて
私は
雑巾になりました
赤ちゃんはいつのまにか小学生になり
私を学校へ連れていきました

もうこの家に帰ってくることも
ないだろうと思うと
少し悲しくなりましたが
最後に
あなたが雑巾に生まれ変わらせてくれたことに
心から感謝しています

学校で
私は子供らが勉強する机を拭き
窓ガラスを拭き
床を拭き
とことん汚れを身に付けて
ドブネズミ色のぼろ雑巾になりました
心には
いまだあの朝顔が咲いているのを
誰も知ってはいないでしょう
泣かなくてもいいのです
涙は拭いてあげられないけれど
こぼしてしまった牛乳は
私が拭いてあげますから
誰にも失敗はあるものです
今日もひとつ拭くたびに
朝顔の花が開くのです

昔でしたら
土壁のなかで
補強材にでも
してもらえたそうですが
今、そのような家は
もうないそうですね
残念といえば残念です

そろそろ
命が終わりに近づいてきたようです

花火のように美しくはないですが
いい人生だったと思います
来世でも
一枚の布になりたいと願います

誰かの役に立ち続け
最期はぼろに成り果てて
そんな人生があっても
いいではないですか
そんな物語が
あってもいいではないですか
[PR]
by soranosanngo | 2012-01-15 22:18 | | Comments(0)