紫の華

左腕に
浮き出た内出血の痣
八年前に受けた
ハーセプチンの点滴は
あたしの血管までもぼろぼろにして
以来
採血は
看護婦泣かせの儀式となった
その痕を
老いた母は
かわいそうにと
いくども撫でた

  おかあさん、あたし がんばったでしょう

母の呉れた
憐れみは
小春日和みたいに
心地よくて
醜く咲いたこの華を
がむしゃらに咲いたこの華を
一週間もすれば散るこの華を
うっかり
愛してしまいそうになる


※「詩サークル 群青」2014年2月のお題「紫」への提出作品

[PR]
by soranosanngo | 2014-02-28 10:04 | | Comments(0)