スケッチノート

やわらかな鉛筆の芯で
ここにはいない君を
スケッチしました
身体をおおう毛は
鉛筆を少しねかせてふんわりと
ひげは鉛筆を立てながら
細い針金のように
それは君の
生きることにまっすぐだった意思のようです

君がいなくなっても
鉛筆と紙さえあれば
君に逢うことが出来ます

庭の紫陽花が
今年はなぜか返り咲きました
秋というものの優しさに
――濃淡のあわいがまじりあう
よりそうような
淡い薄緑色の花は
ちぎれてゆく
仔猫のようなあの雲からも
見えていることでしょう
d0253237_124787.jpg

↑私の家の屋根と庭から写した空です。

詩サークル「群青」八月のお題 猫 への提出作品
[PR]
by soranosanngo | 2014-10-01 12:01 | | Comments(0)