春眠

冬眠から醒めたばかりだというのに
眠くて仕方がない

まるで満たされない腹を抱えて
食べるしかない
餓鬼のように
むさぼるように眠る
きっとそれが満たされることは
生きている限りないのだと思う

それとは底だ

底が見えないということは
ひどく怖しいはずなのに
不可解なことに
眠っている時のわたしは
ほほえんでいるらしい

d0253237_12145281.jpg


 ↑桜が散ってから毎年咲き出す庭のスノーフレーク。
 その形状や筆先で色付けしたような緑だとか、絶妙に可愛くて、
 神様の仕事ってこういうことなんじゃないかって思ってしまう。


[PR]
by soranosanngo | 2015-04-26 12:14 | | Comments(0)