7月のまひる

青空のない
空の下
出来る影は
どこかうすく
どこか心もとなく

こどもみたいに
スキップしても
ちっともさまにならなくて
そう、地と共鳴していないかんじ
さみしいって言葉を知ってしまったから
もうそこへは帰れないんだ
白い運動靴でも

いつのまにわたし
大人になったのだろうか
いつのまにあなたも
大人になったのだろうか

境界線に咲く
ヒメジョオンの群生が
ささやかに揺れながら
わたしたちを見ている


d0253237_15301377.jpg

[PR]
by soranosanngo | 2015-07-03 15:30 | | Comments(0)