水草と魚

あなたが水草だった頃
わたしは産まれた
あなたは水草の味がした

ここにつどうすべてのいのちは
いのちをきょうゆうしている
だから
それをざんこくなどとおもわないでおくれ

あなたはそう言った気がする
あれは
わたしが巣立つ朝
光満ち満ちて
あなたと別れて
どこかへ向かう朝

ながい時間を経て
ふるさとへ帰ってみれば
水草のあったあたりは崩れ去り
水草であったあなたはもう
かげもかたちもないけれど
ざんこくなことだとおもうのはよそう
あなたの魂は今
わたしの芯でやさしくゆれて
旅の途中できょうだいたちはみな食べられ
ひとりぼっちになったわたしを
あやしてくれる
d0253237_8351861.jpg

[PR]
by soranosanngo | 2015-11-15 08:35 | | Comments(0)