「母と暮らせば」

クリスマスが終わったばかりの広島市内の賑わいは、暖冬のせいか、ダウンジャケットの人の確率が低かった。
八丁座(二時間座っても全然おしりが痛くならないという椅子というかむしろソファと呼ぶべき椅子で観ることが出来、足だって存分に伸ばせる。私は日本一の映画館だと思う。隣接するカフェもいい!夫婦どちらかが50歳以上なら二人で2200円!)で映画「母と暮らせば」を観る。夫と息子と三人で。娘は部活で来れなかった。長崎の原爆のあと、三年経ったお話で、亡くなった息子(二宮くん)が母(吉永小百合さん)のもとにあらわれるという話。

この映画は井上ひさし原作の「父と暮らせば」(広島原爆後の話)と対をなす意図で山田洋次監督が制作したそうだ。生前、長崎の原爆の話も書いてみたいとおっしゃられていた井上ひさしさんの遺志を継ぐものらしい。
私は数年前、「父と暮らせば」を観て、とても感銘を受けた。原爆後、生き残られた人々がいろいろな苦しいことを乗り越えて、それでも強く生きていこうとする姿に。

「母と暮らせば」冒頭の大学の教室で、今まさに自分の頭上で原爆が落ちた疑似体験をしたかのようなシーンはショッキングだった。何が起きたかもわからないまま、日常の営みの中の一瞬で命を奪われるという理不尽さ。亡霊になった息子も、原爆さえなければ医者になり婚約者と結婚し家庭を持ち子が生まれ母とともに生きていくという将来があったのに、本当に無念だったと思う。ラスト近くのシーンで、母親が、亡くなったのが我が子でなくて、あの子であったらよかったのに、と言うセリフがある。そんなふうに思ってはいけないとはわかっていても、それは子を誰よりも愛しているからこその親の真実の一面かもしれない。心優しく前向きな母親にだって人をねたむ気持ちがあって当然だと思う。このシーンは「父と暮らせば」のあるシーンにも重なるところ。そんなふうに思ってしまう自分のことを「悪い母さんね」とつぶやく。本当に悪いのは戦争なのに。

もちろん悲しい映画ではあるのだけど、母と息子のやりとりはどこかほのぼのとしていて笑いもある。長崎弁はちょっと広島弁にも似ていて、方言っていいなあとしみじみとした。
キスシーンを連想させる場面があったが、あえてその絵は入れなかったのは、こどもにも観てもらえるような配慮ではなかったか。グロテスクなシーンも残酷な戦闘シーンもない。(主人公の兄が母の夢枕に立ったという回想シーンだけ、この映画の雰囲気ががらっと変わってちょっと怖い)あるのは理不尽に死んだ人の深い悲しみと生き残った人の深い悲しみ。それでもラストシーンにあたたかいもの、なにもかもを浄化するような、一言でいうなら、愛のようなもの、を感じたのは「父と暮らせば」の映画と同様だった。

息子は亡霊なので映画館にも入りたい放題。観てきた映画について母と話すシーンの中で「アメリカって不思議な国だ。あんなに美しい映画を作るのに、おそろしい原爆も作るんだから」みたいなセリフがあった。平和を願い、美しいものを愛するのがほんとうの人間らしさだと思いたいが、そこに国家というものが加わると、ねじまげられてしまうのかもしれない。

映画を観て、ランチをとったあと、来られなかった娘のために福屋の地下「みっちゃん」で焼いてみらったお好み焼きを買って帰った。
お好み焼きの店の名前に女の人の名前が多いのは、戦後広島で生き残った女の人たちが、払い下げになった船の鉄板を利用して(広島の呉市は軍港だった)キャベツと小麦粉を使った食べ物を売る屋台を開いたからだとか。たくましいなあ。配給制で、食べ物がなかった時代、そうやって人は工夫して飢えをしのいでいたのだなあと想像する。
平和な世の中になりますように。新しい年がどうか平和でありますように。

2015.12.27
[PR]
by soranosanngo | 2015-12-27 10:48 | シネマレビュー | Comments(0)