詩「一番電車を待つ間」

私が詩を書こうと思ったとき
鉛筆と紙はすでに失われていた
私の詩は
書かれたものではなく
キーボードから産まれたものだ

しんと静まり返った
とある夜
白いキーボードの配列が動き出す
慣れ親しんだ手順を
私は捨てなくてはならないだろう

それでも
詩は
からだの一番奥底にあって
ひそかに湧いてくる

こうして
一番電車を待つホームにいて
まだうすぐらい手探りの
そう、闇ともよべる時間の中で
やがて
線路の向こうから
光降る朝が来ることを信じているように
私はてのひらで
すくい、つづける
水のような詩を
詩のような水を

喪失と再生は
背中合わせに在るものでなく
球体のようにまじりながら
文字にするための
透明のエンターキイをさがしあっている
[PR]
by soranosanngo | 2016-05-06 08:13 | | Comments(0)