詩「星ノ船」

きのうの夜
わたしが乗りそこねてしまった
船は
いまごろ
どのあたりを航海しているのだろうか

闇をこいで渡ってゆく
静かな動力を取り付けた乗り物に
選ばれなかった
理由をさがしてみる

けれど
たいていの理由は
糸をたぐりよせる先で
たよりなく消えてしまう
あるいはそれは
ひとつぶの砂のように
風がふけば
この指から吹き飛び
ゆくえは追えない

そもそも選ばれなかったのでなくて
わたしが選ばなかっただけのことかもしれなくて

そうして
あちらこちらでゆれている
葉の上の朝露が
星々のなれのはてだと
やっと気づく
[PR]
by soranosanngo | 2016-05-19 08:19 | | Comments(0)