読書感想「昨夜のカレー、明日のパン」木皿 泉

 人生の中で、愛する人の死ほど哀しいことはないと思う。
 けれど残された人は、どうにかして生きてゆく。そのために『日常』は用意されているのだと思うし、「昨夜のカレー」や「明日のパン」が文字通り食べて命をつないでゆくための、ささやかだけど大切なことであるのだなあと思った。
 

(以下文中より抜き書き)
 「もういいよね。一樹は死んだってことで」ギフはうんうんとうなづいた。
 「もう、ここにはいないってことで、もうそういうことで、いいよね?」

  照明がカチカチと点滅した。ギフが見上げて
 「一樹もそれでいいといってる」
 と言った。


 照明がカチカチしたのは、電球が古くなったからなのだろうけど、それが亡くなった人からのサインだと思ってしまう、もしくは思いたい、そんな気持ちに共感してしまう。生きている人は、時に庭に入り込んだ蝶や、夏の水辺に光る蛍やに、誰かを想い重ねる。そうすることで悲しみがいくぶん和らぐのを感じるだろう。
「いない」とすることは、忘れてしまうこととは違う。
 亡くなった人を「もうここにはいない人」と納得できるまでの日常が、時にユーモラスに淡々と描かれている。

 最後まで読むと、ちょっと謎めいたタイトルが心にストンと落ちてきた。


 「一本の線」

 昨日という一本の線があった
 そこへ今日という線を重ねる
 時に慎重に
 時に乱暴に
 そして明日
  わたしはふたたびそこへ
 新しい線を重ねるだろうか
 
 真正面から見た線は
 細く儚げに見えるけれど
 角度を変えてながめれば
 重なった分だけ
 太く 育っている
 
 線は すっくと立っている
 
 人生の営みの中でめぐりあった
 たくさんの見えない手に支えられるようにして

        珊瑚

 

 
[PR]
by soranosanngo | 2016-07-03 11:56 | 読書ノート | Comments(0)