詩「深い静けさの在る部屋」

奏でる人のいなくなったフルート
弾く人のいなくなったオルガン
座る人のいなくなった椅子
着る人のいなくなった背広
履く人のいなくなったスリッパ
言葉を記す人のいなくなった万年筆

それらはかたときも動かない

引く人のいなくなったうすいカーテン越しに
人を
待っている
ほんの少し退屈気味に
静けさという息を
吐きながら



[PR]
by soranosanngo | 2017-01-11 10:43 | Comments(0)